パンケーキレンズでバルセロナ散歩(smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited)

今では型落ちになったちょっと古いレンズについて書いてみます。smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limitedです。現在はHDコーティング化され円形絞りのHD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limitedという後継モデルになったようです。超薄型のパンケーキレンズで、スナップショットには便利でした。

下は数年前スペイン・バルセロナで撮影したストリート・スナップショットです。上から順にF3.5, F2.8, F3.5で撮影。開放でも全く何の問題もなく使えるレンズでした。ハッとするほどすごい画にはならないのですが、開放F値が暗めの単焦点はやはりシャープな画に仕上がる傾向がありますね。

パンケーキレンズでバルセロナ散歩:smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

パンケーキレンズでバルセロナ散歩:smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

パンケーキレンズでバルセロナ散歩:smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

撮影に使用した機体はPentax K-5です。ペンタックスは最終的にK-3 IIまでお付き合いしたのですが、結局自分にはあまり合わないシステムだと思って、全部処分してしまいました。良くも悪くも玄人向きのブランド・製品だったと思います。カメラ本体はホワイトバランスがとにかく安定しないし、AFや合焦精度の問題に悩まされました。

それらの問題に目をつぶってでも使い続けよう、と思わせるほどの魅力もなかったかな…(ペンタックスファンの方、すみません)。